パソコンの引越 メールの保存
パソコンを新調して、データを引越する際に気になるのが、
メールのデータですよね。

メールの保存というと、メール文章だけと思いがちですが、それ以外に
アカウント情報・アドレス帳といったデータもあり、それぞれバックアップの方法が異なります。

その方法を、ここではアウトルックエクスプレス6(OE6)について説明していきます。

・アカウント
OE6のメニューバー「ツール」→「アカウント」で「メール」タブを選択。
「エクスポート」をクリックします。
保存先を指定すると「.iaf」という拡張子のファイルができます。
メールを設定し直す場合、上記と同じ方法で、「インポート」をクリックし、
このファイルにある情報を取り込みます。

・メール
OE6のメニューバー「ツール」→「オプション」→「メンテナンス」タブで「保存フォルダ」をクリック。
保存場所のパスが出てくるので、この文字列をコピーしておきます。
つぎに、Windowsスタートメニューの「ファイルを指定して実行」画面に、先ほどコピーした文字列を貼り付け実行。
画面に現れる「.dbx」ファイルをすべてコピーし、あらかじめ用意しておいた保存用フォルダに貼り付けましょう。

復元するときは、OE6のメニューバー「ファイル」→「インポート」→「メッセージ」と選択し、
表示される画面の手順に従って進めてください。

・アドレス帳
OE6のメニューバー「ファイル」→「エクスポート」→「アドレス帳」と選択。
「アドレス帳エクスポートツール」を開きます。ここでは「.csv」ファイルを選択「エクスポート」ボタンをクリックします。
「csvのエクスポート」画面で保存先を指定し、「完了」をクリックすればOK。

取り込む場合は、「ファイル」→「インポート」→「他のアドレス帳」とすすみ、
「アドレス帳インポートツール」の画面で、「CSV」をえらび、保存してあるアドレス帳のCSVを選択します。

※この方法はOE6を使い続けた場合の方法です。他のメールソフトへの移行の場合は方法が変わりますので
注意してください。

| nem | 18:56 | | パソコン |