引越しの準備などで体が疲れたりしたら
引越しの準備って意外と力が必要になるもの。

普段使わない箇所を使って、肩が痛くなったり、
腰が痛くなったりすることも。

そういうときは、一度Kinesitherapeute(運動療法)の
先生に見てもらったらいかがでしょう?

一般的な手順としては、一般医(Generaliste)で処方箋を
出してもらい、Kinesitherapeuteに行くことになります。

下記のKinesitherapeuteには付き添いも弊社で可能です。

Dr.JOUEN Christine
27 bis, rue Miollis 75015
tel:01.45.66.08.13

セキュリティ・ソシャルから後で返金されます。


| nem | 17:27 | | フランス生活::健康 |
国際郵便 EMSジャパンデスクの継続について
郵便事業株式会社(日本郵便)とクロノポスト社(フランス郵便事業の
EMS配達事業会社)は、日本からフランスに向けて発送された
国際スピード郵便(EMS)のカスタマーサービス全般向上の為に
クロノポスト社内に施行設置していた日本語対応ジャパンデスクを
継続することになったようです。

開設時間
 平日 8時から19時
 土曜 9時から13時

対応内容
 フランスに向けて発送されたEMSについての問い合わせを
 日本語で対応。

コンタクト方法
 下記のコールセンターに電話をかけ、対応したスタッフに英語か
 フランス語でEMSジャパンデスクによる対応希望を伝えると、
 日本人スタッフから折り返し連絡が入る。
 TEL:08.25.80.18.01
 FAX:08.25.80.18.02

 英語やフランス語で話すのが苦手な方は、英語で書いたFAXを送り、
 折り返しの連絡を待つ方法が易しそうですね。

これまで困らされていたEMSの配達トラブルが、
これで軽減するといいですね。

| nem | 14:11 | | フランス生活::郵便事情 |
フランス10年カード所持者の帰国
10年カードを所持し日本に帰国される方で、3年以上フランスを離れる場合は、事前に役所に転居届けを提出しておく必要があります。
(3年未満であれぱ、更新3ケ月前にフランスにもどってきて申請を出すたけでいいようです。)

法律名 Code de l'entrée et du séjour des étrangers et du droit d'asile
該当項目 Art L314-7
http://www.senat.fr/rap/l05-371-1/l05-371-150.html
(SENATの仏語ページ)

尚、この3年以上フランスを離れていないという証明に関しては、県庁によって対応はまちまちだそうです。

例: 3年以上離仏した場合は、更新先プレフェクチュールに通知しなければならない、など。

パリでは、ここ10年ほどは、プレフェクチュールから送られて くる更新必要毒類の中の所定の用紙に自身でサインするだけでよいそうです。
(住民税の支払用紙確認なども、現時点では行われていないようです。)

※上記情報は事前通知なく変更されることも予測され、且つ、役所のことゆえ弊社では一切責任は負えませんので、しかるべき役所で十分ご確認なさってください。




| nem | 12:01 | | フランス生活::帰国の際の注意 |