転勤・異動 あいさつ状の基本
うっかり失礼なことにならないよう、挨拶状を出すときの基本を、ここでおさらいしておきましょう!

*出す相手は?*
●仕事の取引先や、仕事の上で助けてもらった人、個人的につながりの深い人など
●直接会った事のない人に出すと先方が戸惑い失礼になることもあるため、自分が接触した事のある人に出すのが原則

*盛り込む内容は?*
●時候のあいさつなど基本的なあいさつ
●転勤や異動の時期(何日付の辞令かなど)
●新部署でどういう仕事をするのかの簡単な紹介
●これまでのお礼
●後任者など、仕事を引き継ぐ者の名前
●新しい所属先の連絡先。携帯電話の番号を変更する際は新番号も個人的によほど親しい場合を除き、自宅住所など個人情報は記載しない!

*どのタイミングで送る?*
●内々の段階ではなく、会社が定めた告知の解禁日に従う。解禁日の規定がなければ、上司などに相談し、適切な時期に発送する
●新部署に着任するまでに相手に届くようにする。急な転勤・異動などの場合は、遅くとも着任後2ヶ月以内に知らされば許容範囲。但し、その場合は新部署での近況報告も盛り込むほうがよい。
●個人的な転居の通知は、転居前ではなく、引越が終わってから送る

*インターネットメールでもOK?*
●メールでもよいが、一般にはがきや封書の方が丁寧さが伝わる
●文面が同じであっても一斉同時メールにせず、各メールごとに宛名を書く
●メールでは最後に署名機能を使って連絡先を入れる
●海外居住者へは、郵便物は紛失事故で届かなかったり、時間がかかったりするので、メール通知の方が確実



| nem | 19:35 | | 日本生活::挨拶 |
ネットで行う引越の挨拶
引越の挨拶や年賀状などを書く時間がない場合、インターネットのグリーティングサービスを使うと便利です。

手紙

手軽で便利、効率的、サービスも無料ということで人気が出ています。

たとえば、引越の挨拶状を送りたい場合、YahooやGoogleといった検索エンジンで「引越 グリーティングカード」と単語を入力し、検索を行うと、

引越の挨拶状を備えた多くのグリーティングサービスが見つかります。

ホームページ上で好きな絵柄を選び、送付したい相手のメールアドレス、相手へのメッセージを入力し、送信するだけでOK。

相手にはメールで「XXさんからメッセージカードが届いています。」とメールが届くので、そのメールに載っているURLから
あなたが作成したメールが見られるようになっています。

 


【主なサービス】
●ポストマン…http://www.postman.ne.jp

●楽天グリーティング…http://greeting.rakuten.co.jp/

| nem | 14:47 | | 日本生活::挨拶 |