Q: 下見に際しての事前に準備しておくことはありますか?

Q: 下見に際しての事前に準備しておくことはありますか?

A: a) 日本へ送るものがどれか、荷物そのものを下見の段階では移動していただく必要はありませんが、頭のなかで整理していただき『本棚の半分くらいは送る』 などとして置かれてください
   b) 日本へは送らない荷物であっても、部屋からは搬出しないといけない荷物(家具、家電など)があれば、合わせて下見の際にご提示ください。ち帰らないお荷物について、帰国売り品の買取業者を紹介してもらいたいという
     ご要望があれば、お気軽にお申し付けください。
   c)  一覧のご帰国までの詳細を事前に一読いただき、ご質問があれば、下見時に
      担当者までご質問をいただけたらスムーズかと思います。
      下記サイトからダウンロードしていただけます。
      ベルギーの方   http://transeuro.jp/belgium/pdf/tebiki_kikoku_BG2012.pdf
      フランスの方    http://transeuro.jp/france/tebiki/tebiki_kikoku_FR2012.pdf

| nem | 20:36 | | 引越しQ&A |
Q: 引越の下見希望ですが、何をご連絡したらいいですか?
Q: 引越の下見希望ですが、何をご連絡したらいいですか?

A: 下記をお知らせいただけたらスムーズです
   1) お名前
   2) ご住所
   3) アクセス方法 (入口やエレベーターのコード番号、インターフォンの表示名など)
  4) 何階か、および、 ドアの位置 (エレベーター降りて右とか左とか)
   5)電話番号 ( 携帯、 および 固定)
6) ご帰国先 (日本のどこへ)
7) ご帰国の時期 (だいたいでかまいません)
  8) ご勤務先名
9) 下見希望日時 (第一希望~第三希望程度お知らせください)

| nem | 20:35 | | 引越しQ&A |
Q:ワインを横にして運びたいですが、壊れず輸送する方法はありますか?
Q:ワインを横にして運びたいですが、壊れず輸送する方法はありますか?

━A:ワイン用の箱(有料)がございます。
  12本用(緑色) または 6本用(オレンジ色)のいずれか箱であれば、
  横にして輸送しても破損するリスクは非常にすくないのでまず大丈夫です。
  こちらをお求めいただけましたら横にしての輸送も問題なく対応させていただきます。

| nem | 10:35 | | 引越しQ&A |
Q:退去点検(Etat des Lieux)をスムーズに済ませたいのですが、いい方法はありますか?
Q:退去点検(Etat des Lieux)をスムーズに済ませたいのですが、いい方法はありますか?
━A:はい、『事前点検対策セット』がお勧めです。 退去点検でいろいろ指摘されても後の祭りで何も対処ができませんので、ご注意ください。

『事前点検対策セット』とは
1.不動産業者に 『Prior Etat des Lieux を受けて問題箇所があるようなら事前に指摘してもらいたい』旨をご連絡ください。
 大家側も、次のテナントをすぐに入れられるメリットがあるので、事前点検を拒否する事例はまずありません。
 逆に、事前点検を拒否する場合は、当日の退去点検での不具合があっても責務を問わないのかと、責任追及を
 放棄してもらえる交渉材料となります。
2.事前点検時に、入居時の状況書類とつけあわせして、指摘される問題点を確認 (日本人通訳が立ち会います)
 入居時点や居住中に問題があり修繕されなかった箇所について責任を取る必要はありませんので、
 この時点で責任の所在、および、自分の責任部分についての復旧費用を確認されてください。
 復旧費用が高額で承服できない場合には、自分でその復旧を手配する対応が可能となります。
 標準清掃に含まれていない部分の清掃を指摘された場合、事前点検でわかっていれば、その部分のオプション
 清掃を済ませておくことが可能となります。 
 また、清掃以外の簡易内装工事なども同様に、時間があれば事前に済ませておくことも可能となります。
料金:無料
オプション清掃や簡易内装工事など実費は別途清算となります。


| nem | 17:02 | | 引越しQ&A |
Q:新居で荷物をうけとった際にもすぐに荷物が発見できるように把握したいのですが、可能ですか?
Q:新居で荷物をうけとった際にもすぐに荷物が発見できるように把握したいのですが、可能ですか?
━A:はい、『トレース梱包』をお求めいただければ可能です。 そうでない場合は被害が発生しても補償されません。

『トレース梱包』とは。
1.荷物の所在をはっきりさせたい品物 1品目に1つ、ICチップを取り付け、写真撮影をします。
2.その品物がどこの箱にいれたか、きっちりわかるようにリストに明示します。
3.荷物をコンテナに詰める際、または、飛行場へ搬入する際に、ICチップを読み取り記録を残します
4.日本で荷物が到着し通関終了した時点で、ICちぇっぷを読み取り記録を残します。
5.ご自宅への配達時に荷物読み取り装置を持参し、お客様宅でもICチップを読み取りいただき
当該品が到着したことを確認いただき、開梱しICチップを回収します。
料金 @euro10/1品目毎 (euro500/1便毎)

| nem | 17:01 | | 引越しQ&A |